クラリオンとは日本の電気機器製造会社で東京証券取引所に上場している会社です。
この会社は仕手と呼ばれる投機集団が大きな利益を上げる為に、株価操縦を行う仕手株銘柄として有名です。
そもそも仕手株や仕手筋とはどのような集団なのでしょうか。
一般的に株価というのはその会社の企業業績や、企業価値によって株価が形成されます、個人投資家は業績や、配当、優待などの目的を持って株式を購入します。
通常は株価は材料と呼ばれる大きなニュースがなければそれ程、大きな変動はありません。
しかし、時折、なんの前触れもなく、突然株価が上昇する場合等があります。
このような場合、裏で資金を動かしているのが仕手と呼ばれる集団です。
この突然の値動きに多くの個人投資家は一斉に群がります。
その為、一時的に株価は大きく跳ね上がります。
仕手や、その関係者はその会社の株式を安値で購入しているので、どんどん利益が広がります。
日々上昇する株価に釣られ、多くの個人投資家の買いが殺到します。
しかし、多くの方が株価の上昇に気づいて、買いが集中した時が上昇相場の終焉です。
そこで仕手は一斉に保有している株式を売却し、大きな利益を手に入れますその結果、株価は大きく下落します。
その段階では売りが売りを呼び、更なる株価の下落へと繋がります。
そこで逃げ遅れた個人投資家は甚大な損害を被る事となります。
このような一連の株価操縦を仕掛け、莫大な利益を手にいれた後,彼らは新たな銘柄にと資金を投資し、収益をあげていきます。
クラリオンはかねてより、このような仕手集団にその株価を操縦される事の多い銘柄として有名です。
クラリオン以外にも仕手株と呼ばれる、同様な値動きをする銘柄は多くあります。

■仕手株に関して詳しく書いてあり、非常に参考になります
仕手株の最新情報を無料公開中

■最初のころは投資顧問等で仕手株を見分けられるようにしましょう
投資顧問ランキングをチェック

■株主優待のあれこれが載っています
株主優待