株取引は投資ですので全ては自己責任で行わなければなりません。仕手筋と呼ばれるプロ集団が株価を操作して大きな利益を上げようとする仕手株と言うものの存在が知られていますが、そのような仕手株は必ずしも典型例ばかりではありません。株価が100円以下の小型株で急騰した場合には仕手株であるという分かりやすいものばかりではなく、徐々に徐々に値段を上げて行くタイプの下準備を積み重ねていく仕手株も存在する可能性があります。全ては計画を遂行数r為の資金があれば出来ることであるということを理解しておく必要があります。
ある程度の規模がある通規模の株式であっても相当料の資金を持っている仕手筋であれば株価操作を行おうとする可能性は十分にあります。その様な株式において説明のつかない値動きが確認できれば自然と仕手筋の噂が発生するものであると言えるでしょう。特に急激な値動きをするのではなく、徐々に変化して行く場合は噂が流れ始めても身動きが取れない場合も多くなります。その様なケースにおいて真実と気が付かれない内に株価を吊り上げて行くという作戦をとる仕手筋もあるのです。
この様な場合には噂は立つでしょう。根拠のない値動きに関しては多くの人が疑問に思うでしょうし、過熱感を警戒するようになります。その様な投資家心理が強く動く直前に仕手筋は行動を起こすことでしょう。その結果として多くの人に損失を負わせることになるのです。投資家心理に長けているのが仕手筋であると言われており、投資規模も経験もかなわないのが普通です。そのため自己責任でどのタイミングで離れるのか、あるいはホールドし続けるのかを決めておくことが必要であると言えるでしょう。