仕手株は相場が手詰まりを起こしているような時期に動きやすくなります。相場全体が活況で、全ての銘柄が一斉に上昇するような状態では仕手株は育ちません。つまり、日計平均株価がグングン上昇を続けるような時期には動きにくいのが通常です。いわゆる、一本釣りができるような時期を狙って仕掛けてきます。全ての銘柄を手掛けてしまい、相場の方向性が出にくくなると物色の対象が無くなってしまい、相場がもたついているような環境が仕手株にとっては最高の仕掛け時期になるのです。このような時期には、日計平均株価の上値が重くなったり、持ち合いを続けたりとそんな環境が最高の環境になります。
また、日計平均株価が下値で低迷している時期でかつ、日計平均株価が大きな上昇相場となっていく際のスタートにも仕手株が口火を切る事があります。これも、下値模索を長い間繰り返し、相場にエネルギーが溜まっていて一触即発のような環境になると、一気に動きが出ている銘柄にエネルギーが集中するために起こる現象です。現在仕手株と呼ばれている銘柄は本来の仕手株とは違った意味があります。そもそも、仕手とは能の仕手つまり黒子的な役割をしている存在で、姿が見えないが主体として動きている特定の投資家の事を指しますが、現在ではそのような特定の投資家が銘柄に関与している事は殆どありません。空売り残が積み上がり、買戻しが起こり上昇するようなケースは仕手化していると呼ぶだけで、仕手株ではありません。だれかが意図的に空売りを積み上げたのではなく、相場のコンセンサスが株価の下落を見ているという事が原因で空売りが積みあがってしまっているのが正確な説明で、あくまで特定の投資家が相場をコントロールしている訳ではないのですから。