証券会社の資生堂格付けによって株価が大きく動くことがありますが、これは仕手株との関係があるのかと思ってしまいがちですが、証券会社と仕手株との関係性というのはなく、企業の規模から考えても資生堂は仕手株にはなりづらいものとなっています。
どれだけ資金力の豊富な仕手筋であっても、時価総額一兆円の資生堂の株価を自在にコントロールするだけの資金力を持ち合わせているということはありませんから、現実的に仕手株にしようとしてもできないというのが正しい答えになります。

もちろん、数兆円もの資金力を持つ仕手筋が存在するのであれば、資生堂といえども自在にコントロールをすることができますから、仕手化することは不可能ではありませんが現実的にはそのような仕手筋が存在することはありえないため、通常では仕手株化する心配をする必要はないものとなっています。

一方のミタチ産業に関しては時価総額が60億程度しかないので、少し資金力がある仕手筋が仕手化しようとすればできなくはない銘柄となっています。
しかし、ミタチ産業の場合には株を買い集めることが難しく、業績に問題があって株価が放置されているという銘柄でもありませんから、少しずつ買い集めようとしてもある程度買い集めていくと徐々に株価が上昇してしまうことになります。
仕手株を成功させるには株価の吊り上げも重要ですが、できるだけ安いところで株を買い集めることも重要となるので、上手く買い集めることが難しいミタチ産業も仕手株としては狙われにくい銘柄となっています。
ただし、多少資金力があれば個人でも大きく値を吊り上げることが出来るため、そのような行為によって時折仕手株のような動きを見せることもないわけではないのです。